クラブ概要

会長挨拶

第22代 武田洋一郎
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 継続は力なり!
~プロバスクラブの道に終わりなし 生涯現役でクラブライフを楽しもう~

東京八王子プロバスクラブは1995年に創立してから本年で22年を迎えます。
お陰様で市民の皆様の温かいご支援があり、順調に発展することが出来ました。
“温故知新”、ここで改めて設立時の活動目標を振り返り、これからの進むべき
道を思案して行く所存です。 初代のスローガンは「地域への知的貢献、会員
活動の活発化」でした。 まさにプロバスクラブ活動の原点を顕示しています。
初代以降在籍されている会員の話を伺う機会を持つとともに、併せて地域奉仕
活動で市民の皆様との交流の在り方を検討し、また会員がクラブライフを楽し
める雰囲気作りを推進して行きたいと思います。

そこで、私たちの今期のスローガンは次のようにいたしました。

継続は力なり!
~プロバスクラブの道に終わりなし 生涯現役でクラブライフを楽しもう~

本年は10月1日に八王子市制施行100周年を迎えることで、八王子市では
様々な周年記念事業が行われております。 私どものクラブも、微力ではあり
ますが八王子市で企画された次のイベントへの参加・協力を実施、あるいは予
定をしております。
*「春の八王子防犯の集い」*2017健康フェスタ/食育フェスタ *第32回
平和展 *第67回社会を明るくする運動「みんなに届け!私たちのメッセー
ジ」 *Dr肥沼の偉業を後世に伝えましょう *八王子いちょう祭り *宇宙
飛行士講演会、など。

ここで、八王子プロバスクラブの日常の活動をご紹介します。
クラブの定例の活動は月例会があり、卓話(会員、外部講師によるテーブル
スピーチ)や各委員会報告などが行われます。 また、会員同士の交流を深め
る目的で多彩な同好会が自発的に立ち上がっております。
・囲碁同好会・ゴルフ同好会・お茶の会・写真同好会・ぼけない麻雀研究会
・美術鑑賞会・歴史同好会・旅行同好会・俳句同好会・カラオケ同好会・フラ
ダンス同好会・古典芸能鑑賞会
この他に、グループ活動として男声合唱団シニアダンディーズがあり、市の
イベントや福祉施設訪問で演奏をしております。

また、広域連携を深めるためプロバスクラブ(全国で103団体)の全国組織
である全日本プロバスクラブ協議会に参加、副会長に当クラブ会員が選出され
ています。 地域連携では多摩プロバスクラブ、日野プロバスクラブとの卓話
や同好会での会員交流も勧めております。

社会奉仕活動としましては、従来より次の2つの大きな事業を展開しており、
市民の皆様から好評を頂いております。
①生涯学習サロン
クラブ設立当初から開設され、昨年度で21回のサロンを開催致しました。
②八王子「宇宙の学校」(八王子市、JAXA・宇宙航空研究開発機構と協働)
2011年に誕生し、7年目を迎えます。事業の詳細は八王子市、JAXA、当クラブのホームページをご覧下さい。

今期(2017.7 2018.6)も会員の総力を挙げて地域奉仕活動に取り組む所存でございますので、よろしくご支援の程をお願い申し上げます。

 

組織

委員会
-例会委員会
-情報委員会
-会員委員会
-研修委員会
-地域奉仕委員会

2017年度役員人事

会員数

会員数68名(29年7月現在)

活動

①例会
原則として毎月第2木曜日 午後12時30分~
②プロバスだよりの毎月発行
クラブ活動のプロバスだより参照
③卓話
例会で発表
④生涯学習サロン開催
クラブ活動の生涯学習サロン参照
⑤八王子「宇宙の学校」共催・支援
⑥奉仕活動
いちょう祭り協力
市民健康の日イベント協力
⑦同好会
囲碁同好会、ゴルフ同好会、お茶の会、歴史を肴に語ろう会、
写真同好会、美術鑑賞同好会、「ぼけないマージャン」研究会、
俳句同好会、旅行クラブ、カラオケ同好会、フラダンス同好会、古典芸能鑑賞同好会

会則抜粋

第1条 名  称
本会は東京八王子プロバスクラブと称する。
第4条 目  的
知り合いを広め、豊かな人生経験を生かして地域社会に奉仕する。
第5条 会の原則
非政治的、非宗教的、非営利的の3原則とする。
第6条 会員資格
(1)専門職業及び実業に従事し、指導的立場にあった方、並びにそれに準ずる方
(2)原則として60歳以上
第12条 総  会
本会は、年1回6月に定期総会を開催し、本会運営の重要事項をはかる。
年1回6月を年1回7月に変える
第13条 入会と退会
入会は、会員もしくは八王子のロータリアンの推薦を必要とし、退会は自由とする。

(当クラブの)プロバスクラブマーク

ロータリークラブが提唱したという意義と、プロバスクラブの国際性を併せ、一見してクラブの性格が解るように、地球のデザインを基調としてロータリーの歯車をあしらったものとした。
紫紺: 地球を表した中心部分にあり、宇宙の深遠さと人類の叡智を意味している。
緑:  地球の環境を守る自然を表し、自然と人類の調和、共存を意味し、同時に人類
相互間の平和、交流を求める意味を持つ。
茶:   大地を表し、脚下をしっかり踏まえ、地域に根付いた奉仕を意味している。

(当クラブの)プロバス旗

プロバスクラブマークをとりいれたもの

(当クラブの)プロバス賛歌

解説
一章はメンバーの連帯性を、二章は地域の人々への知的貢献を、三章は地域に根付いたクラブ活動を表現して、歌い ながら、意義と使命を理解できる内容になっている。
作詞     大野聖二
補作・作曲 石井 亨

1.幸せを求めて 長い道を
歩き続けた それぞれが
明るい あしたに 夢をいだき
さあ 心と手を 今 つなごう
2.平和掲げて この国に
笑顔と緑 はぐくんだ
豊かな 知識と 経験を
さあ 若者たちに 今 伝えよう
3.いくすじの道を 歩いたが
願いは同じ 未来の道
山と平野の ふれあう町に
さあ プロバスの旗 今 かかげよう
プロバス賛歌ダウンロード【MP3】